フリーダイヤル0120-4618-32

電話番号0566-81-0773

〒472-0001 愛知県知立市八橋町的場129

診療時間9:00~12:00、14:00~19:00

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・訪問歯科・障害者歯科・予防歯科・審美歯科・口臭治療

小児歯科

竹内歯科医院Blog

管理栄養士からの豆知識

AED(自動対外式除細動機) 設置施設
当院はAED設置施設です
HOME»  小児歯科

子供は小さな大人ではありません。
子供の歯も小さな永久歯ではありません。
乳歯20本は噛む働きは当然ですが、健全な永久歯を正しい位置へと導く働きをします。そして私達小児歯科医は乳歯の重要性を認識し虫歯予防に努め、よりよい咬合に導く努力をしております。
そのためにも経年的にお口の状態をみる事が必要ですので、定期検診を受ける事をお勧めします。
8020を達成する為にも乳歯の大切さを充分ご理解ください。

保護者の方にお願い

子供を歯科医院へお連れ下さる時、「痛くないからね」「こわくないからね」とは言わないでください。
この言葉の裏には「痛いよ」「こわいよ」という意味が隠されていますので、この言葉は禁句です。
また「何もしないからね」というのも嘘になりますので、「歯医者さんに行ってお口の中を見てもらおうね。」「虫歯があったら退治してもらおうね。」「早くきれいにするときちんと食べる事ができるからね。」などと言って下さい。
虫歯ができる前から検診等で歯科医院に来院する事に慣れておくのもよいと思います。
また、お子様のお口の中をさわって下さい。これはタッチではなく、仕上げみがきやチェックの事です。口の中をさわってある子供は、歯科医療行為がスムーズにいく事が多いです。
乳歯の虫歯は進行が早く、また痛みのある場所がはっきりしない事が多々あります。お口の中を保護者の方がチェックしていると、異常を早期発見できることが多いです。
健全な乳歯で健康的な食事をし、一生自分の歯で食事が出来る様にお子様の歯の健康管理を歯科医院としていきましょう。

プレイコーナーについて

当院にはプレイコーナーがあり、子供達が遊びながらそれぞれの面倒をみたり、治療中の様子を見たりと治療に慣れていってくれればよいと思っています。小さなお子様連れでも安心して治療が受けられる体制をとっています。

小児の口腔について

子供の歯(乳歯)は上下左右合計20本です。また、歯列の前歯部には本来すき間があるのが健全な乳歯列といえます。

しかし現状では、様々な口腔内の症状をみる事があります。

1. 歯の形や歯列について

一見きれいに並んでいる乳歯列ですが、歯と歯の間にすき間がありません。
乳歯がガタガタに並んでいます。
乳歯は20本ですが、歯の数が不足しております。
2本分の乳歯がくっついて1本になって萌出しています。

この様な歯の形や歯列がある場合は健全な永久歯列への移行がスムーズにいかない事があります。歯科医院でのご相談をお勧め致します。

2. 噛み合わせ(咬合)について

咬合については「矯正歯科」のページを参考にしてください。乳歯での不正咬合は健全な永久歯列へ移行する可能性が少なくなります。歯科医院でのご相談をお勧めします。

3. 小帯について

上顎の前歯の中央から口唇とを結ぐ小帯があります。これが歯と歯の間から出ていることがあります。

舌を前方へ出すとハート型を呈します

この様な小帯になっていると歯みがきが充分に行えない場合があります。
発音・構音が不明瞭になったり、すきっ歯になったりする事もあります。

4. その他

その他のにも、歯、歯列、口唇、口の中に疑問をもたれましたら、歯科医院へご相談ください。

治療について

子供の歯で親が一番心配するのは「むし歯」です。現在では歯みがきやフッ化物塗布、予防処置で少なくなりつつあります。

乳歯は、むし歯の進行が永久歯に比べ早いです。
そのためにも口腔内のチェックをし、定期健診をお勧めします。

1. むし歯治療について

乳歯がむし歯になっています。
エナメル質・象牙質のむし歯には、
プラスチックの材料でつめます。
歯髄までむし歯が到達していたら、
神経をとります。
歯髄の部分に薬を入れます。乳歯は永久歯への生え変わりがありますので吸収する材料を入れます。
神経をとった歯はもろくなりますので
補強するためにかぶせものをします。

どうしても助ける事のできない歯はやむをえず抜く事があります。
その場合交換が真近な時以外は抜いた歯のすき間を確保してあげなくてはいけません。

次にはえてくる永久歯のスペースを保つための装置を用います。
永久歯が生えてきたら装置をはずします。

2. 歯肉について

少し前まで乳歯列時に歯肉炎がある事はほとんどありませんでしたが、現在では歯肉が腫れていたり、歯石が付いているのを見受けられるようになりました。

歯肉が赤く腫れ、歯石が付いています。

3. 交換期の注意点について

永久歯は6才前後より萌出してきます。乳歯が抜けて永久歯が出てくる歯や乳歯の奥歯の後ろからはえてくる歯(第一大臼歯)があります。

乳歯が抜けずに永久歯が萌出してきています。このままにしておくと永久歯の位置がずれてしまいます。
第1大臼歯がはえてくる時、歯の奥の方に歯肉が残り、動くため、この時の歯磨きは特に大切です。
保護者の方のチェックが必要です。
第1大臼歯が最後方の乳歯の後にひっかかってまっすぐ萌出してきません。
萌出してきた歯につのがあります。咬んだりしている時におれてしまい、しみたり、疼痛の原因になります。
抜けた所から、歯が少しも出てこない時は、永久歯が横をむいていたり、歯肉が硬くて萌出できなかったりとさまざまな原因があります。

記の様な事がありましたら、必ず歯科医院を受診して下さい。子供の口腔内は変化していくもので、親が日常よりチェックしてあげる事が重要です。また、歯科医院での定期健診をお勧め致します。

予防について

歯の溝にプラスチックの材質を流します。歯を削ることなく、溝を埋めて浅くします。しかし咬合が完了してきて破折する事がありますので定期検診が必要です。
フッ素入りの歯磨剤を使う事も有効です。

歯にフッ化物を塗る事により、歯の表面を硬くします。フッ化物洗口も効果的です。

健全な永久歯列について

このようなむし歯のない永久歯列へ移行できるように毎日の口腔内ケアや歯科医院での定期検診を行なって下さい。

よく噛む事で永久歯交換の広さが出来ます。現在の食事では噛む事が不十分なため、硬いガムを使い顎の発達を促します。

8020※1をめざし子供の頃からの口腔管理が重要です。また、アンチエイジングの為にも私たち小児歯科医は重要な役目をもっていると思います。

※1 8020:厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動

ページトップへ戻る